空手家の端くれサラリーマンの日記

暇な時に日記を書いていきます。 日々の暮らしの中で、知ったお得な情報等、 紹介していきます。

日本のスポーツ選手はもっとブーイングを浴びるべき?

"「ドーハの悲劇」"

サッカーが大好きな人はもちろんのこと、サッカーに興味が無い人でも聞いたことがあるであろうこのフレーズ。

1993年10月28日アメリカワールドカップアジア最終予選、悲願のワールドカップ初出場に王手を掛けていた日本は、勝てばアメリカ行きが決まるイラクとの最終戦で2-2の引き分けに終わり、天国から地獄へと突き落とされました。

後半45分を過ぎ、アディクショナルタイムを迎えた直後のコーナーキックからの失点。
試合終了のホイッスルと共にグラウンドに倒れこみ、茫然自失の選手達の姿がとても印象的でした。
今でも語り草のこの試合は、今でもテレビ等でよく目にします。

当時日本サッカー界をけん引していた三浦知良選手。

メディアでは語られていない、ドーハの悲劇後の三浦知良選手の知られざる涙の記事が掲載されました。

衝撃の敗退から一夜明けたドーハ市内のホテルのロビーにて、声を掛けるのもはばかられるような状況の中、目を真っ赤にした三浦知良選手が近づいてきて、

「成田空港に帰ったらトマトかな・・・」

と声を投げ掛けてきたそうなのです。

これは1966年イングランドワールドカップでの出来事で、グループリーグ最終戦で伏兵の朝鮮民主主義人民共和国代表にまさかの苦杯をなめ、決勝トーナメント進出を逃したイタリア代表が、帰国したミラノの空港でサポーターからトマトを投げつけられ、罵声を浴びた事件を思い浮かべてのことでしょう。

しかし当時の日本の風潮は、ワールドカップやオリンピックのアジア予選で勝ったことのない韓国相手に勝利を収めたことなどもあり、日本代表に、感動をありがとうと感謝こそすれど、攻め立てるような風潮はほとんどありませんでした。

「胸張って帰ってこい、忘れないこの感動」

そう見出しに記されている新聞を見せられた三浦知良選手は、目頭を押さえ、こう言ったそうなのです。

「これじゃあダメなんだよ」

アメリカ行きの切符を逃し、日本は何も成し遂げられなかった。
だからこそ「感動をありがとう」という論調に違和感を覚えたのでしょう。
世界を見渡せば、同じように苦渋を舐めている強豪国やチームはたくさんあります。
そこから這いあがる原動力の一つとして、ファンやサポーターから浴びせられる厳しいブーイングや忌憚のない批判があるのです。

10代の頃からブラジルに渡り、過酷な環境の中で苦労してきた三浦知良選手だからこそ、誰よりもブーイングや批判の意味を理解していたのでしょう。
サッカーに限らず他のスポーツにも言えることですが、負けても批判ではなく、感動をありがとうと言った風潮になりがちな日本。

これはこれで素晴らしいことなのでしょう。
日本人特有と言ってもいいかもしれません。

しかし、批判を受けてなにくそと這い上がって行く、ハングリー精神のようなものを培いにくい土壌になっているのではないでしょうか。

称賛すべきところは称賛し、批判すべきところは批判する。

そうすることにより、日本の選手達はもっと世界へ羽ばたいていってくれるのではないでしょうか。

やる気が出ない方必見。そこのあなたですよ。

今日は、無料レポート

著者:アンディー・樫山

【「 人生、ネバーギブアップ〜!!! 」
不良少女も、スキヤキも、ブルー○リーも、○び太君の先生も、
成功するために、実は、同じ山・マインドを目指していたのです。
しかも、シンプルなやり方で・・・。そんな成功者スキヤキマインド4つ】


を紹介したいと思います。続きを読む

ヘアヌードの泰葉 元夫春風亭小朝って誰?

 歌手の泰葉(56)が今日7日発売の「週刊ポスト」で初めてのヘアヌードを披露している。春風亭小朝(62)と離婚した直後の08年にも、週刊ポストでセクシーショットを披露。今回は袋とじの9ページで、ヘアヌードや胸の谷間もあらわなセクシー写真など計8枚掲載している。
(日刊スポーツより https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1868282.html

いろいろと世間を騒がせている泰葉さんですが、元夫の春風亭小朝との離婚やその元夫春風亭小朝のDVの話題で初めて、泰葉のことを知った人もおおいのでは、ないでしょうか。

代表曲は、昭和56年発売の「フライディ・チャイナタウン」で5.6万枚も売れたそうです。

プレミアの付いた曲もあるそうで。離婚したおかげなんでしょうか?






一方、元夫の春風亭小朝ですが、この方は、

落語家なんですが、テレビで落語をしているのを

見たこともない人も多くなっているのでは、

ないでしょうか。

落語家として、数々の賞をとっており、この方の落語を

テレビで見るのを楽しみにしていた人も多く、

最近の話題に上がっている、DVなどを聞くと

春風亭小朝って、実際はそんな人だったんだって、

意外に感じた人も多いのではないでしょうか。

私自身は、リアルタイムで春風亭小朝の落語や

バラエティー番組なども見てましたが、

テレビでの印象は、最近話題に上がっているような

ことをする人とは違い、優しそうで、親切な人でした。

芸能人だからなんですかねぇ。怖いですね。






あがり症克服する方法続けます。

今日紹介する無料レポートは、

著者:吉日 ぼんとし

【30代スピーチ逃げ回りーマン】
本番直前!9秒マインド切り替え法

です。続きを読む

あがり症を克服したいですか?

あがり症の人は、自分だけは特別緊張しやすい人間

だからそうなってしまうんだって思ってしまいがち

ですが、そうじゃないらしいんです。続きを読む

器具を使った自宅筋トレ|初心者におすすめ

 皆さん、体にいいことしてますか?

 ジョギング、水泳、散歩、筋トレなど、健康のため

に日々の生活にこれらを取り入れている方もいると

思います。

 特に、筋肉を付けたいとお考えの方は、筋トレを

やってみようと始められると思いますが、ジムに行く

時間がない、ジムに行きだしても、なかなか

続かないとお悩みの方も多いのではないでしょうか。

 ここでは、自宅で比較的簡単にできる器具を

使った筋トレを紹介したいと思います。続きを読む

プロポリスのど飴|咳に効く?プロポリスキャンディーの効果、効能

 皆さん、咳が止まらずに困った経験はありませんか?

 本当に咳が続くと辛いものですが、忙しいので、

咳くらいで病院へ行ってられないという人も多いのでは

ないでしょうか。続きを読む

長男ってこんな事も考えておかないといけませんよね。

子供の頃、親の葬儀の事なんか考えた事もなかったと思います。

ただ、死んだら嫌だ、悲しい、どうしたらいいのって

いう感情は持っていたと思います。

自分が歳をとるって事は、当たり前ですが、

自分の親も歳をとり、死に近づいてくる。

あまり考えたくはないですが、考えざるを得ない状況は

必ず来ます。

そんな状況に対して、不安に思っている人は少なからず

いると思います。

あなたが長男であるならば、特にその不安は大きいのでは

ないでしょうか。

では、どんな準備をしておけば、いざというときに

困らないのでしょうか?続きを読む

皆さん本を読みますか?

お恥ずかしい話、読書はもともと嫌いなほうで、

40歳後半になって読書の良さを気付いて、

本を読み出しました。

読み出して初めて気付くんですけど、

もっと早くから本読んどけばよかったって後悔してます。


読書はほんとにお薦めしたい。


特に学生さん、これから社会人になるっていうあなたには、

是非読書をする習慣をつけてほしい。続きを読む

お子さんにどんな勉強をさせていますか?

子供には、勉強だけでなく、学校のクラブ活動もさせて

学校生活を充実させてやりたい。

また、ピアノ、水泳など、習い事をさせて、将来の為に、

いろんな可能性を持たせてやりたい。

といった考えを持たれている親御さんも

多いと思います。


今ある、学習塾、家庭教師では、時間が拘束される、

かといって通信添削では、学習効果の確認が、

リアルタイムにできないサボりがちになりかねない

といった問題があります。


時間に拘束される、好きな時間に学習でき、

しかも、学習の結果が直ぐにお子さん本人だけでなく、親御さんも

直ぐに確認できる教材があったらいいと思いませんか?続きを読む
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ